• 色 トーン

色のトーン(色調)

色のトーン(色調)とは、色の彩度や明度などで分けられた色のグループだと考えましょう。つまり色相は違っていても高彩度の純色だけを集めたグループや、中間色だけを集めた色のグループなどができるのです。純色だけを集めた色のグループがビビッドトーンで、中間色だけを集めたグループがソフトトーンとかダルトーンなどです。このトーン(色調)はどのような色相でも明度と彩度は同じような色調のグループに属しますから、同じトーンによる色の色相が違っていても同じような色彩のイメージです。したがって同じトーンの色であればそれぞれの色は調和します。

代表的なトーンの種類ではペールトーン(高彩色の生き生きした色に白を多く混ぜた薄い色で、桜の花びらのような淡い色)、次にライトトーンは生き生きした色に白を混ぜた浅い色で、空の色のような澄んだ色です。また、ブライトトーンは明るい色で生き生きした色に少し白を混ぜたような色で、明るく華やかな色です。さらに、ビビッドトーンは高彩色のかなり派手で冴えた色です。この色は白や黒を混ぜませんから全く濁りが無い色です。ライトグレイッシュトーンは明るい灰色の色でビビッドトーンに明るいグレーを多く混ぜたような色で渋く落ち着いた色です。また、ソフトトーンは柔らかい色で、ビビッドトーンに明るいグレーを混ぜた色で柔らかなメージの色です。これに対してストロングトーンは鮮やかな生き生きした色に少しグレーが混ざった強い色で、灰味が少ないので鮮やかな方の色です。

グレイッシュトーンはビビッドトーンに多くの濃い目のグレーを混ぜた色ですが、落ち着いた色で地味な感じの色です。ダルトーンはビビッドトーンに濃い目のグレーを混ぜた色で、鈍い色でくすんだイメージの色です。ディープトーンはビビッドトーンに黒を少し混ぜたような深く(ディープ)で濃い色ですが、和風な伝統的な色のイメージです。さらに、ダークトーンはビビッドトーンに黒を混ぜた色で暗い色です。この色は大人っぽい円熟した感じの色です。それからダークグレイッシュトーンはビビッドトーンに黒を多く混ぜた色で、暗い灰味の色で、黒に近い色です。

色彩検定のオススメ資料請求

色彩検定の資格

【ケイコとマナブ.net スクール探し】

ホットペッパーで有名なリクルートが管理する資格スクール
どれだけ資料請求しても無料なのはありがたい!
誰もがしっている会社のサイトだけあって日本一充実!
あなたにあったスクールを全部資料請求してみよう!

⇒詳細はコチラから!

通信講座で色彩検定に合格しよう!

【ケイコとマナブ.net 通信講座】

忙しい中でも資格はしっかりととりたいあなたへ!
空いた隙間時間に効率よく勉強しよう
自分の夢をあきらめずにまずは効率のいい勉強!
あなたにはまだ無限の可能性がありますよ!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ