• 色彩検定 内容

色彩検定とは

色彩検定は社団法人全国服飾教育者連合会(A・F・T)が実施する色に関する幅広い知識や技能に関する試験です。色彩検定は1級から3級までの3段階に分かれていて、3級と2級は1次試験のみですが1級では1次試験と2次試験が実施されます。

そもそもは1990年11月、「ファッションカラーコーディネーター検定試験」として始まりましたが、その後「ファッションコーディネート色彩能力検定」と名称を変更し、1994年にはその内容が生涯学習の一環として評価されました。2006年度からは「色彩検定R」として実施されています。さらに、色彩検定は1995年度から2005年度までは文部科学省認定の試験でしたが、認定制度が廃止されたのを受けて2006年度からは文部科学省後援の試験になっています。

色彩検定を受験する人は年々増加傾向にあり、2009年で累計110万人を超えています。 色彩検定では従来は感性だけによると見られ勝ちであった色に関する知識や技能を理論的かつ系統的に学ぶことで、理論に裏付けられた色彩の実践的活用能力を身につけることができます。

色に関するスペシャリストをカラーコーディネーターと呼ぶことがありますが、これは国家試験のようなライセンスではありません。 しかし色彩検定は色に関する知識や技能を社会的に評価する尺度として社会的に認知されています。

その他面白かった他サイト:包茎手術なら名古屋へ

色彩検定のオススメ資料請求

色彩検定の資格

【ケイコとマナブ.net スクール探し】

ホットペッパーで有名なリクルートが管理する資格スクール
どれだけ資料請求しても無料なのはありがたい!
誰もがしっている会社のサイトだけあって日本一充実!
あなたにあったスクールを全部資料請求してみよう!

⇒詳細はコチラから!

通信講座で色彩検定に合格しよう!

【ケイコとマナブ.net 通信講座】

忙しい中でも資格はしっかりととりたいあなたへ!
空いた隙間時間に効率よく勉強しよう
自分の夢をあきらめずにまずは効率のいい勉強!
あなたにはまだ無限の可能性がありますよ!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ