• 試験 色彩検定

試験科目について

色彩検定の試験科目は3級、2級、1級とレベルアップしていきます。3級の試験科目は色彩と文化、色と表示、光と色、色彩心理、色彩調和、ファッション、インテリア、環境の8科目です。2級ではここに色彩効果が加わって合計9分野になります。1級では3級と2級にある色彩の分野が無くなり、その代わりに色彩の実務とプロダクトが加わって9つの分野になります。

3級では色彩と文化などの分野では色彩の働き、色と表示として色の三属性と色立体、マンセル表色系、PCCS、色名、慣用色名など、光と色の分野では照明、混色など、色彩心理の分野では心理的効果や視覚効果、色彩調和の分野では基本的な配色の考え方、色相による配色、トーンによる配色、明度による配色、彩度による配色及び配色の基本用語、さらにファッション分野ではファッションの概論、色彩、カラーコーディネート、インテリアの分野では色彩、カラーコーディネーション、環境の分野では環境色彩、環境色彩が目指す色彩の働き、エクステリア環境色彩の基礎などが試験科目です。

2級では、色彩と文化の分野でヨーロッパと日本の色彩文化について、色と表示の分野などではオストワルト表色系、NCS、XYZ表色系、光の性質、視覚系の構造、色覚説、技術について、色彩心理の分野では色の知覚的効果、色彩心理の分野では心理的評価方法、色彩調和では配色技法及び類型的な配色、配色技法や色相分割の配色、色彩効果では美的構成と配色、色彩効果と配色のイメージ、ファッションの分野ではファッションの配色、流行色について、インテリアの分野ではインテリアデザインと色彩、配色、スタイルと色彩、エレメントと色彩、素材、照明、環境の分野ではエクステリア環境色彩、環境色彩計画の手順と内容、外回りの照明などが試験科目です。

1級では色彩の実務として色彩管理や安全色について、色と表示ではCIE XYZ表色系など、光と色では色の知覚、色覚異常、測色、色彩心理として色知覚の複雑性、色彩調和論などと、ファッション関連の分野ではビジネス、商品企画、繊維について、プロダクトデザインの領域と色彩の役割、時代を反映する色彩、自動車と家電、色彩と光、色彩計画のプロセス、素材・色材に関する知識、総論などと、インテリア分野ではカラーコーディネーション、インテリアの色彩計画、非住宅空間の色彩など、環境分野では時代が求めるエクステリア環境色彩、景観形成への対応と視点、景観材料のカラーコーディネーション、サイン計画と色彩などが試験科目です。

色彩検定のオススメ資料請求

色彩検定の資格

【ケイコとマナブ.net スクール探し】

ホットペッパーで有名なリクルートが管理する資格スクール
どれだけ資料請求しても無料なのはありがたい!
誰もがしっている会社のサイトだけあって日本一充実!
あなたにあったスクールを全部資料請求してみよう!

⇒詳細はコチラから!

通信講座で色彩検定に合格しよう!

【ケイコとマナブ.net 通信講座】

忙しい中でも資格はしっかりととりたいあなたへ!
空いた隙間時間に効率よく勉強しよう
自分の夢をあきらめずにまずは効率のいい勉強!
あなたにはまだ無限の可能性がありますよ!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ