• 色彩検定 能力

色彩検定に求められる能力

色彩検定に求められる能力で重要なのは言うまでも無く色彩に関する正確な知識と感性です。感性が求められると言う定義は色彩センスとも言えますが、色彩に関する感性は常日頃の意識で磨かれていくものです。しかし、感性だけが色彩検定に求められるのではなく、その裏打ちとなり基礎になる正確な知識も不可欠です。したがって知識と感性を学習することが色彩検定では重要になります。

ただ、漠然と自分の感性だけに頼って、この色が好きだからとか、この色がこの場合には良いのだなどと色を決めるのはプロのデザイナーとして通用しません。誰かにその理由を聞かれた時に正確な知識に基づいて、何故その色が良いかを理屈ではなく説明できなくてはなりません。ただし、色彩について色彩学には精通していても感性、つまりセンスが不足していると教科書通りの解答しか出てきませんから、色彩検定には感性も求められるのです。

従来、色は感性だけによるものと見られ勝ちでしたが、色に関する知識や技能を論理的かつ系統的に学ぶことで誰もが正しい理論に裏付けらされた色彩の実践的活用能力を身につけることができますし、色彩検定ではそれが要求される能力になります。

色彩検定のオススメ資料請求

色彩検定の資格

【ケイコとマナブ.net スクール探し】

ホットペッパーで有名なリクルートが管理する資格スクール
どれだけ資料請求しても無料なのはありがたい!
誰もがしっている会社のサイトだけあって日本一充実!
あなたにあったスクールを全部資料請求してみよう!

⇒詳細はコチラから!

通信講座で色彩検定に合格しよう!

【ケイコとマナブ.net 通信講座】

忙しい中でも資格はしっかりととりたいあなたへ!
空いた隙間時間に効率よく勉強しよう
自分の夢をあきらめずにまずは効率のいい勉強!
あなたにはまだ無限の可能性がありますよ!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ