• 3級 過去問

3級の過去問傾向

色彩検定の3級の過去問題傾向は信頼できる情報によれば、3級記述式は毎年正解率が低いそうです。その理由は2005年のテキスト改訂後に試験問題の難易度がアップしているからです。色彩検定3級の記述式問題の傾向を見てみますと、2001年の夏期3級では、光と色に関する問題、電磁波の波長、可視範囲、スペクトルの波長と色について、PCCSの三属性表記などがあり、冬期3級では太陽光のスペクトルの色についてなどがあります。

また、2002年の夏期3級では、色知覚の3属性、無彩色について、減法混色の三原色をPCCSに当てはめた場合についてなどがあります。同年冬期3級では色知覚の3属性、有彩色と無彩色の違いについてなどです。これらは先の述べた2005年のテキスト改訂以前のものですが、確かにそれほど難易度は高くありません。 

2010年の3級、マークシート方式の問題では、色の三属性・色の表示・色名・光と色・混色・色心理的効果・配色の基本・ファッション・インテリア・環境色彩など、色彩に関する基本的な事柄を理解しているかどうかを試す問題です。したがって、3級の試験対策は、公式テキスト3級の内容を理解しながら徹底的に読み込む必要があります。色と名称を一致させないと得点が取れません。また合格点が70点前後ですから全体をバランス良く勉強しましょう。苦手項目が無いように過去問などでテキスト問題をこなしましょう。

3級では基本的な事柄の理解が必要で、色彩と生活、光と色、色彩調和、インテリア、色の表示、色彩心理、ファッション、環境についての問題が出題されます。

色彩検定のオススメ資料請求

色彩検定の資格

【ケイコとマナブ.net スクール探し】

ホットペッパーで有名なリクルートが管理する資格スクール
どれだけ資料請求しても無料なのはありがたい!
誰もがしっている会社のサイトだけあって日本一充実!
あなたにあったスクールを全部資料請求してみよう!

⇒詳細はコチラから!

通信講座で色彩検定に合格しよう!

【ケイコとマナブ.net 通信講座】

忙しい中でも資格はしっかりととりたいあなたへ!
空いた隙間時間に効率よく勉強しよう
自分の夢をあきらめずにまずは効率のいい勉強!
あなたにはまだ無限の可能性がありますよ!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ