• 2級 過去問

2級の過去問傾向

色彩検定2級の過去問題の傾向ですが、2005年のテキスト改訂以前では2級記述式は2001年夏期ではマンセルシステムの3属性に関する問題など、冬期では色の見え方や対比現象についてなどでした。次いで2002年夏期ではオスワルトシステムの構成の原理についてなどで、冬期はヨハネス・イッテンの配色調和論、配色法についてです。さらに2003年夏期ではマンセルシステムの表示方法についてなどが出題され、冬期は色彩調和論を一般原理にまとめた人物についてなどでした。そして2004年冬期ではマンセルシステムの色表示についてなどでした。

2級では基本的な事柄の理解に加えて技能が必要になります。すなわち色彩と文化、光と色、色彩調和、ファッション、環境、色の表示、色彩心理、色彩効果、インテリア、環境などの分野からの出題傾向があります。したがって、2級の試験対策は、公式テキスト2級の内容を理解しながら徹底的に読み込みましょう。

2010年の出題傾向は、色彩文化・表色系・色名・照明・心理的評価方法・配色技法・色彩効果・ファッション・インテリア・環境色彩計画などで、これらの分野についての基本的な事柄を理解し技能を持っていることが必要です。

色彩検定のオススメ資料請求

色彩検定の資格

【ケイコとマナブ.net スクール探し】

ホットペッパーで有名なリクルートが管理する資格スクール
どれだけ資料請求しても無料なのはありがたい!
誰もがしっている会社のサイトだけあって日本一充実!
あなたにあったスクールを全部資料請求してみよう!

⇒詳細はコチラから!

通信講座で色彩検定に合格しよう!

【ケイコとマナブ.net 通信講座】

忙しい中でも資格はしっかりととりたいあなたへ!
空いた隙間時間に効率よく勉強しよう
自分の夢をあきらめずにまずは効率のいい勉強!
あなたにはまだ無限の可能性がありますよ!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ