• 1級 過去問

1級の過去問傾向

色彩検定の1級は簡単なものではありません。出題傾向・出題範囲は2級、3級と同様に1次公式テキストの内容で、毎年公式テキストから全体的にバランスをとって出題されています。したがってヤマをかけることは出来ません。1級1次の出題範囲は2009年度の改訂で大幅に増大していますが、従来の2級範囲が1級に組み込まれていますから、公式テキストを熟読して問題集で実践的に問題を解く学習方法が有効です。

1級の2次試験の出題の一つは公式テキスト準拠問題で、公式テキスト内容の理解度を問うもので、1級2次で出題されるのは、1級~3級の全テキストを対象として出題されるものです。

次いで1級2次試験問題の特徴で全体の70%程度がカラーカード問題です。これは解答にカラーカードの切り貼りをする、いわゆる実技問題です。1級試験や1級2次次試験が難しいのはこのカラーカード問題があるからです。 したがって、色彩検定1級の出題に対応するためには色彩の実務・光と色・色彩調和・プロダクト・環境・色の表示・色彩心理・ファッション・インテリア、環境などの分野の十分な理解と技能が必要になります。つまり、1級2次試験では、問題を的確に理解する必要があります。すなわち、出題の意味を理解してそれを他の言い回しに置き換えて解答することが重要になってきます。

色彩検定のオススメ資料請求

色彩検定の資格

【ケイコとマナブ.net スクール探し】

ホットペッパーで有名なリクルートが管理する資格スクール
どれだけ資料請求しても無料なのはありがたい!
誰もがしっている会社のサイトだけあって日本一充実!
あなたにあったスクールを全部資料請求してみよう!

⇒詳細はコチラから!

通信講座で色彩検定に合格しよう!

【ケイコとマナブ.net 通信講座】

忙しい中でも資格はしっかりととりたいあなたへ!
空いた隙間時間に効率よく勉強しよう
自分の夢をあきらめずにまずは効率のいい勉強!
あなたにはまだ無限の可能性がありますよ!

⇒詳細はコチラから!

このページの先頭へ